リコへ撮影しに行こう

2019.01.16 日常
準備はいーい?

出掛けますよー

DSC_0006-190114.jpg


リコの新しい撮影セットはバレンタイン。
棚もマスターの手作りで本格的だ。


早速さぶで撮影。

DSC_0004-190116.jpg

何度撮り直しても動かなくていいんだけど、一向に笑わない。

DSC_0005-190116.jpg


諦めた。

さぶだけで終わらせようと思っていたところ、
マスターがたまを抱っこしてセットにスタンバイさせてくれたので
せっかくなのでたまも挑戦。

DSC_0020-190116.jpg

初めてのセットにオタオタするも、表情はたまの方がいい。
けど目線はもらえない。
難しいなー

DSC_0025-190116.jpg

思っていたよりはたまもよく撮れた。

多分、たまに関しては 目が見えないからこそ 撮れたんだと思う。
じゃなきゃフツー、小物に興味津々になっちゃうかな。

よくできました。


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

1日1回ポチッと応援クリックお願いします

試してみる ニコン D5500

2019.01.15 日常
我が家の新入りカメラ (4年前のモデルだけど) で、屋外のさぶたま試し撮り。

DSC_0008-190114.jpg

DSC_0010-190114.jpg

DSC_0015-190114.jpg

DSC_0017-190114.jpg

DSC_0020-190114.jpg

DSC_0027-190114.jpg

DSC_0032-190114.jpg

DSC_0033-190114.jpg

警備に余念がないさぶだけど、肝心な場所を特定できなくて残念。

DSC_0057-190114.jpg

車の整備をしてて近くにいるはずのパパが
一度も放牧場に入ってこなくてテンション上がらず、
あとの楽しみはオヤツぐらい、な、たま。

日陰になってしまって急激に冷えてきたタイミングで家に入ったが、
最近では珍しく、なかなかの長時間放牧だった。


↓家の中の桜はほぼ満開。(何桜だったっけ)

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

1日1回ポチッと応援クリックお願いします

みんなの毛

2019.01.09 日常
さぶビフォー

DSC_0012-190105.jpg


さぶアフター

DSC_0007-190108.jpg


さぶ毛

DSC_0002-190108.jpg


たまビフォー

DSC_0037-190106.jpg


たまアフター

DSC_0012-190108.jpg


たま毛

DSC_0026-190108.jpg


わたしビフォー

DSC_1665-190105.jpg


わたしアフター

DSC_1668-190105.jpg


わたし毛

DSC_1666-190105.jpg

さすがにハートは作れなかった。


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

1日1回ポチッと応援クリックお願いします

さらばペンタックス K-x

2019.01.07 日常
父が使っていたカメラをもらった。

ニコン D5500

4年前のモデルだが、
今まで使っていた ペンタックス K-x に比べて小さいし軽い。

DSC_1669-190107.jpg

DSC_1670-190107.jpg

DSC_1671-190107.jpg

DSC_1673-190107.jpg

画素数も1290万画素→2416万画素に。→よくわからないが

はたしてよく撮れるのだろうか。

撮り比べてみた。

K-x

IMGP0886-190101.jpg

D5500

DSC_0005-190101.jpg

え・・・・・

わからないどころか K-x の方がよく見えたり見えなかったり・・・・・


比較写真って同じように撮るの難しいなっということで。



DSC_0003-190101.jpg

正直よくわからないんだ。


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

1日1回ポチッと応援クリックお願いします

まだ使いこなせないんだ。きっと。→AUTOだけど

ペンタックス K-x よ。8年間ありがとう。

2018年は忘れられない年に

2019.01.02 日常
母の一周忌の翌日に入院した父が 2018年12月26日 2時18分 に他界した。

最後の9日間は緩和ケア病棟にいた。
この病棟はこれまで通っていた病院の最上階(9階)にあり、
家族は24時間出入りができ、宿泊できる部屋も別にある。
3年前にできたというだけあって、まだとてもキレイで居心地がよかった。
担当になってくれた看護師さんを始め、どのスタッフに当たっても
非常に優しく丁寧な対応で、不快になることは一度もなかった。

2018.12.21 緩和ケア病棟から見る夜景

DSC_1661-181221.jpg


毎日通った。
1日ごとに父の様子が変わっていった。
それが半日単位になり、時間単位に変わっていった。

亡くなる4日ぐらい前だろうか。
今のうちに言わなきゃ。言っておかなきゃいけない。
そう思い、今までの感謝の気持ちを伝えた。
頷くことも声に出すことももうできなかった父だが、
目を見て伝わったことを確信した。

母には伝えることができなかったので、本当によかった。


2018.12.24 緩和ケア病棟から見る夕日

DSC_1662-181224.jpg


12/25日の朝の7時前に
看取る準備をしてきてくださいと病院から電話があった。

準備はしていたし、覚悟も出来ていたので落ち着いていた。
連絡すべき所には順番に連絡し、さぶたまに朝ごはんをあげ、
身支度をしてから病院へ行った。

母は元旦だったけど、父はクリスマスか!
そんな冗談を言う余裕もあった。

パパと兄夫婦も揃い、皆で看取る準備は整ったものの、
午後から小康状態になったので、
パパにはさぶたまのために夕方帰宅してもらった。


1545822095138-181225.jpg



日付が12/26になり、夜中の1時半頃だったかな。
それまで休憩室で仮眠していた兄と交替し、
今度は私がうつらうつらし始めた頃、義姉に呼び起されて病室へ急いで戻った。
最後の呼びかけをして、ありがとうと言えた。


父によく似た性格の私は誰よりも父と喧嘩する事が多かったかもしれない。
けれどその反面、理解できる部分もたくさんあった。
学んだ事も数多く、今では感謝の気持ちが大きい。

細かい事をいえば、あの時こう言っていれば・・・
あの時あんな事を言わなければ・・・等の思いはあるが、それを言うとキリがない。
やり切った感があるので後悔はない。
というのが今の気持ち。



通夜は12/29だった。
母の時と同じ、父の好きだった食べ物を揃えてもらった。

寿司(大トロ・穴子)、あら汁、筋子、日本酒、ビール、焼肉(カルビ・ミノ)、刺身、メロン、モンブラン

ザッとあげたら全部用意してくれていた。すごい。

私と兄でビールと日本酒を注ぎ、カルビとミノを焼いた。

あっという間に葬儀場のこの部屋が焼肉臭でいっぱいに。笑

IMG_2635-181229.jpg

亡くなった人は匂いで食べるそうだが、これなら大満足だろう。笑
(消臭作業をしただろう葬儀屋のスタッフの方には申し訳ないが)


祭壇は父の大好きだったゴルフ!

集合写真-181229

とてもいい葬儀ができたことに感謝。


それにしても母も父も同じ年に逝ってしまうとはね。
すごかったな。2018年。


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

1日1回ポチッと応援クリックお願いします

母の時には大幅に体調を崩したさぶたまも、今回はなんとか保ってくれた。
毎日欠かさなかった予防の為の整腸剤の効果もあるかもしれないが、
わたし自身の気持ちがしっかりしていたからというのが大きいんだろうな。多分。