ジルとジャックのこと

2014.06.21 日常
2014年6月21日
今朝、ジャックが旅立ちました。

具合が悪いとも聞いていなかったので、あまりの突然な知らせに混乱。
仕事に行く直前の連絡だったのでモヤモヤしたまま出勤。
そして仕事終わりに父親と連絡を取り、火葬が14時からだというので
バタバタしたまま仕事場から直行して、なんだかあっという間に終ってしまいました。

どうやら昨日までは本人(犬)多少渋っていたそうだけど散歩にも行ったらしいです。
食欲はここ最近落ちてきてたらしく、その時点で病院に行ってれば・・・と母は言っていましたが
私にはそこは責めることはできませんでした。

夜中の1時頃から嘔吐しはじめたらしく、そのまま5時頃息を引き取ったそうです。

どこか悪かったのかもしれません。
いや、多分そうだとは思います。
けれど彼(ジャック)が実家へ行ってから、どれだけ安心感と幸福感を得たことか。
本当に本当に両親に可愛がられていたので、
それを思うと「幸せになってよかったね」と心から思いました。

実は、元の飼い主のところへ戻ったジルも、今年4月に旅立っていました。
ジルは我が家から飼い主の元へ戻って1年と2ヶ月。14歳と3ヶ月。
ジャックは我が家から実家へ行って1年と3ヶ月。12歳と10ヶ月。
ジルが旅立ってから2ヶ月でジャックも。
もしかしたら寂しくなったジルが呼んだのかなぁ、なんて・・・・・
元気だったジャックを思うと、なんだか不思議な感じがします。



2012年7月
我が家に迎え入れてから初のドッグランへ。
ジャックの笑顔。
PICT0001-120716-0621.jpg

カフェの中のジル。
PICT0002-120716-1621.jpg

同じくカフェの中のジャック。
PICT0003-120716-0621.jpg

ランでのジルの笑顔。
PICT0004-120716-0621.jpg
(手前左たま、手前右ジャック)

同じく2012年7月
庭で放牧。外だと一際嬉しそうなジル(左)。
と、諸事情でカラー生活のジャック(右)。
PICT0005-120728-0621.jpg

ジルは休む事なく動き回っていたのが印象的だった。
PICT0006-120728-0621.jpg

足毛も少し伸びてきた2012年11月のジャック。
PICT0007-121104-0621.jpg

ボールはジルがすんごく好きで、ジャックはつられて・・・って感じだったかなぁ。
PICT0008-121104-0621.jpg
(左ジル、右ジャック)

まだまだ若い!と思ったこの足腰。
PICT0009-121104-0621.jpg
(左ジル、右ジャック)

第2ランも走りました。
たまに似てるけど、ジャックですよ。
PICT0010-121111-0621.jpg
(手前ジャック、奥ジル)

ジャックのアップ。
PICT0011-121111-0621.jpg

2012年12月。
クリスマスのコッカーオフ会に参加したジルとジャック。
PICT0012-121224-0621.jpg

2013年2月。
ジルが元の飼い主のところへ帰ることになり、
その前日だったかなぁ、シャンプーとカットを。
PICT0013-130202-0621.jpg

その翌月2013年3月。
実家へ行く事に決まったジャック。多分やっぱり前日にシャンプーとカットを。
PICT0014-130316-0621.jpg

足毛も耳毛も伸び、毛ぶきもよくて、とっても若々しいジャック。
PICT0015-130316-0621.jpg

2013年5月。
少し実家に慣れてきた頃かな。
PICT0016-130511-0621.jpg

2013年6月。
表情が明るくなった。
PICT0017-130601-0621.jpg

同じく6月。別の日。
やっぱり幸せそう。
PICT0018-130616-0621.jpg

2013年8月。
幸せ度も上昇。体重は急上昇。
PICT0019-130813-0621.jpg
(左さぶ、右ジャック)

2014年1月。
ちょっとだけ老いた感じがした今年の正月。
それでもまだまだ元気そうだった。
PICT0020-140102-0621.jpg

前回会った2014年5月。
15kg弱まで育ったジャック。(我が家に来た時9.2kg、実家へ行った頃10.3kg)
PICT0021-140503-0621.jpg
でもね、毎日毎日散歩に連れて行ってもらって、美味しいモノ食べて、の結果だからね。


そして2014年6月21日。
今日、火葬してきました。

PICT0025-140621.jpg

なにもしてやれなくてごめんね。

そう思った事を「元の飼い主」に電話で伝えました。

今頃、またジャックがジルをずーっと追いかけてるかもしれません。