たま備忘録

2016.07.03 病院
土曜の23時頃から様子がおかしくなった。
パンティングが止まらなく、落ち着きがなくなった。
伏せてもすぐ体勢を変えたり、時には座ったままだったり・・・
なにより 『尻尾ペタン』 だったので、明らかになにか異常があったのだろうが、時間も時間だし朝まで様子をみることに。
熱中症も可能性はあるかもしれないと思って、保冷剤を首に巻いた。
ほどなくしてみんなでリビングで寝たが、朝目を覚ますとトイレの隅に寝ていたたま。普段では有り得ない行動。


朝一番に病院へ。

IMGP0497-160703.jpg

いつものB先生指名。
診察開始時間よりも15分ほど前に着いたが、既に待合室には入れないほどの混みよう。
結局そこから2時間近く待ってからの受診となった。

まず左の顔面麻痺が出ているのではないかとあれこれ説明を始めたが、こちらが伝え終わる間もなく症状が確認された。

先週よりわかりにくくなってると思うけど。
IMGP0499-160703.jpg

まず疑うべきところは耳の異常。
そうでなければ原因不明の突発的なものか、脳の異常となるらしい。
耳は定期的に洗浄しているのであまり認めたくはなかったが、診てもらうと左耳の奥深いところの汚れが見つかったので、まずはその汚れからの炎症を疑い、抗生剤投与となった。
プラスして顔面麻痺に有効だといわれてるビタミン剤も投与することに。
(レバーがいいとあげ始めていたが、やめることにしよう。先生に苦笑いされてしまった。)
左耳はその場で洗浄してもらったが、汚れは取れにくくて何度も何度も洗浄は繰り返された。
それじゃぁ私の洗浄で取れるわけがない。

IMGP0498-160703.jpg

昨晩からの 『普段と違う行動』 は、内科的な炎症はおきていないかどうか判断するために血液検査をすることにした。
結果、何の異常値も出ず、あと疑うのは整形外科的な疾患。これは数値には出ないのでわからない。
でも昨晩落ち着きなく動いていた様子も見られたので、あまり整形外科的とは考えにくい。(と、その時は思った)
ひとまず下痢も嘔吐もしていない状態なので、少し様子をみることに。


右耳のイボは変わりなしなので経過観察。


数日前からわずかに血便らしきものを確認していたので、あわせて相談した。
肛門から指を入れて触診してもらった結果、ポリープらしきものがいくつか触れたとのこと。
とはいっても小さいものなので、今のところ経過観察に。
今後、便の状態をよくみるということになった。


またしても1週間後再診となる。

IMGP0500-160703.jpg

IMGP0501-160703.jpg

星乃珈琲にまた寄ったけど、写真無しだ。


そして、また帰宅してから気付く。
階段を上がらない。
ははーん腰が痛いのか。と、妙に納得。(過去にも有り)

その後またパンティングが出始め、部屋の隅っこに行くようになった。(今度は落ち着かないということはなかった)

鎮痛剤が必要だと思い、探すと、以前他院でさぶ用に処方してもらったプレビコックスがあった。
夕方の診療時間まで待って、病院に連絡。
B先生に状況を説明してその鎮痛剤を飲ませることにした。2日分しかないけど。

飲ませて30分もしないうちにスヤスヤと寝たたま。
痛みが引いたんだなと見てとれた。

IMGP0503-160703.jpg

顔面麻痺、血便、腰痛。
みんな関係ないんだよね。ついでに胆泥症も。
なんか大きい病気ではないけど色々と出てくるお年頃・・・

それに比べてさぶは今年の春、てんかんの発作少なかったなー

IMGP0502-160703.jpg

【血液検査の結果】
IMGP0505-160703.jpg

必要かどうかわからなかったけど、持っていけるもんは持っていこうと思ってやった尿検査の結果】
IMGP0504-160703.jpg
pHが9→7に下がっとる!
と、思わぬ嬉しい結果もアリ。

【本日の処方薬】
IMGP0507-160703.jpg
左から ウルソ50mg 8日分
エンロクリア錠(抗生剤)8日分
アリチア配合錠(ビタミンB1、B6、B12)8日分
Optixcare (麻痺側の目のドライアイ予防の為の眼軟膏)

ビタミン剤処方でレバー中止がとっても残念なたま。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

でも私は気持ち悪くて触りたくなかったからラッキーといえばラッキーかな。

たま(11.0kg)
診察 500円
血液一般検査 2.000円
尿検査 1.000円
薬纏めて 6.800円
消費税 824円
-----------------------
合計 11.124円
Secret