犬の幸せって(とみろー記)3/3

2010.11.22 とみろー記
一昨日、昨日の続きです。

----------------------------------------

そのまた1ヶ月後ぐらいでまた子犬探しを始め、カミさんの要望で「バフで毛ぶきが良くて骨格がしっかりしている子」に絞ってネットで調べまくりました。
横浜のブリーダーさんのところに条件に一致する子が居て迎え入れたのが「たま♂」です。

こうして「さぶ」と「たま」との生活が始まりました。

よく名前を聞かれた時に「さぶ」と「たま」です。と答えると「は?」と笑われます。
別にウケを狙ってる訳じゃなくて、ちゃんと意味があるんです!

「さぶ」は5人兄弟で3番目に産まれたブラックの子です。
3番目の一文字目の「さ」とブラックの「ぶ」を取って「さぶ」です。

「たま」は自分の名前の一文字目の「た」とカミさんの名前の一文字目の「ま」を取って「たま」です。

2人とも本当に良い子で「あむ」よりも全然手が掛かりません。

「さぶ」はマイペースの甘えん坊で、いつもキョトンとしています。
ただ、縄張り意識が強いのか怖がりなのか、とにかく良く吠えます。
庭に放すとずっと家の周りを気にしてパトロールして人影を見つけると吠えまくりです。近所迷惑だから止めて欲しい。。。。
自分が会社に行く時も「行くな行くな行くな」と吠えます。
何もない時はボヘ~ってしてるのに。。。

「たま」はとても頭が良い子です。
自分を持っているというか媚びない感じです。
周りの空気を読んで行動するし、たぶん躾をちゃんとすればもっと色々な事が出来そうです。
ただすごいビビリで動くオモチャとかを見ると尻尾を丸めて逃げてしまいます。
もうすぐ3歳になるのにビビリションしちゃうし。


カミさんに「さぶとたまは幸せかな?」って良く聞きます。
すると「あの子達には私達しか居ないんだから出来る限りストレスなく過ごせるようにしてあげよう!」とカミさんが言う。この会話を何度繰り返した事か。

ただ現実は厳しく家計を支える為にカミさんも仕事をしてくれていて、昼間は6時間ほど留守番をさせています。
以前に勤めていたサロンは経営者の都合で閉店してしまったので今はサロンとは全く関係ない別の仕事をしています。
カミさんは留守番させた分、帰ったら遊んであげたり休日は遊びに連れて行ったりと、自分の何倍もさぶとたまの事を考えてくれています。

自分も少しでも「さぶ」と「たま」が安心できて楽しくて幸せだ!と思ってもらえるようにしてあげたい。
と考えるようになりました。

犬にとっての幸せってなんだろう?

 いつも一緒に居てあげる事?
 沢山撫でてあげる事?
 いっぱい褒めてあげる事?
 愛情を持って接する事?
 ワンコの気持ちを考えてあげる事?

どれも正解の気もするけど、自分の自己満足の気もする。
でも、2人の為に自分に何が出来るか頭の片隅に置いて接していれば、この想いはきっと2人に通じると信じています。

ここまで犬に対して真剣に考えられるようになったのは間違いなく「あむ」のお陰です。
普通に生活している何気ない事が、とても幸せな事だと今までは気付きませんでした。

皆さんは「ワンコは幸せかな?」って考えてます?
たまにワンコの顔を見つめて「幸せかい?」って聞いてみて下さい。
嬉しそうな顔をするか、不満そうにするかは普段の皆さんの行動と接し方で変わると思います。

ウチは微妙…
カミさんが聞けば嬉しそうな顔をすると思いますが、自分が聞いたら少し不満そうにすると思います。

 ワンコが水を飲む。
 ワンコが尻尾を振る。
 ワンコがお座りする。
 ワンコがイビキをかいて寝る。
 ワンコがシッコする。
 ワンコがオモチャで遊ぶ。
 ワンコが走り回る。
 ワンコが撫でてと催促する。

何でもない事ですが、とってもとっても幸せな事だと思います。

いつか「あむ」に天国で会えたら抱きしめてお礼を言いたいです。
「あむが色々と教えてくれたから、みんなが幸せな良い人生を送れたよ」って。


最後に一つ問題が。。。
さぶもたまも同じ3歳。考えたくはないですが、いつか別れが来るとしたら同じ時期かもしれません。
2人が居なくなったら。。。と思うと怖いです。

「さぶ」と「たま」がウチに来てから2人に言う口癖があります。
「お前達、幸せか?」

あむが亡くなった寒い時期が近づくと色々と考えてしまいます。


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
ブログ村「アメリカンコッカー」


br_decobanner_20101027223426.gif
人気ブログランキング



以上。

昔から読んでいてくれた方は知ってる事ばかり.....だったり、
でも新事実も書いてあったり、と私もちょっとだけ戸惑った部分もありましたが、
こんなにとみろーが大作を文章にした事が始めてだったので
ババーンと全文載せてしまいました。

「がく」ちゃんの事は今でも思い出す、辛い部分です。

そして、さぶがもう側にいるのに、あむを思って泣いたり喚いたりした最初の数ヶ月.....
今思うと本当にさぶには可哀想な事をしました。
さぶにとってはもう新しい家に連れてこられていて私しか居ないのに。
黙って側に居て、聞きたくもない私の泣き声を聞かせられていたんです。
日頃あまり後悔はしない性格ですが、この辺りの事はとても悔いている私です。
だからさぶには負い目がある。といつも思っています。
もちろんそれだけじゃないけど、
ちょっとだけたまよりもさぶに甘くしちゃう所があるのは事実.....かもしれません^^;
Secret